いわみざわ公園スタッフブログ

よいお年をお迎えください。

大晦日です。

20161231_DSCF6259.JPG

本日の岩見沢 積雪50センチほどです。

少しずつつもってきました。

 

温室はひっそりとしています。

20161231_DSCF6280.JPG

大晦日に隙間からひっそりと失礼します♪

20161231_DSCF6304.JPG

サザンカです。

 

20161231_DSCF6310.JPG

ヤブツバキです。

 

20161231_DSCF6332.JPG

こちらも和風、クロチクです。

 

20161231_DSCF6285.JPG

冬は和洋折衷(?)な大温室。

 

20161231_DSCF6363.JPG

香り椿の蕾もふくらんできました。

なんだかめでたい♪

 

20161231_DSCF6347.JPG

ハナミズキの白く美しい枝を楽しめるのも冬だけです。

 

20161231_DSCF6364.JPG

おもち飾りには、本物のダイダイ♪

 

20161231135004.jpg

色彩館は、明日元日もあさ9時から営業しています。

 

本年は大変お世話になりました。

たくさんのご来場を賜りまして嬉しい限りです。

 

それではみなさまよいお年をお迎えください。

2016年12月31日| お知らせ , 色彩館 , 開花情報 |コメント(0)|トラックバック(0)

チビたち。

今季入ってから積雪30センチを行ったり来たりの岩見沢ですが。

20161229_004244557_iOS.jpg

年末年始はなんだか降りそうな予感がします。

もう御用納め済んだ方がほとんどでしょうか?みなさま今年もお仕事お疲れ様でした。

 

色彩館は、仕事納めは31日、仕事初めは1日です...

温室はひっそりとしています。大掃除の息抜きにでも、遊びに来てください。

 

大温室のつるバラですが、

20161229_004617097_iOS.jpg

ここまで来ました。3分の1くらいでしょうか。

すっきり。

 

すっきりしたつるバラや皇帝ダリアなど、高いところに目が行きがちですが、

DSCF0870.JPG

スノードロップが咲き始めています。

チビっこくてかわいいです♪

 

そういえば去年の今ごろ、スノードロップのブログを書いていました。

年明け前に見られると来年は幸運に恵まれるとかなんとか。

ご参照してみてください ⇒ http://www.iwamizawa-park.com/blog/2015/12/24/094926.html

 

 

 

こんなチビも。

DSCF0873.JPG

ナルキッスス ロミエウクシィー

一輪咲いていました。

スイセンの仲間だそうです。

 

 

どちらもチビっこなので、ぜひ地面にも目を向けて見つけてあげてくださいね。

2016年12月29日| 色彩館 , 開花情報 |コメント(0)|トラックバック(0)

はじまりました。

おはようございます。

数日前にドカッと降りましたが、プラス気温でまたとけてきました。

 

20161219_224934221_iOS.jpg

 

20161219_224947433_iOS.jpg

今朝の積雪、このくらい。20センチくらいでしょうか。

今日も最高気温がプラスになりそうです。

みなさま、つるつる路面にお気を付けください。

 

 

さて、今日から色彩館 大温室のつるバラの葉むしり&剪定・誘引作業が始まりました。

 

DSCF6157.JPG

あっち端から

 

DSCF6156.JPG

むこう端まで

 

DSCF6158.JPG

あとこっちも。

大温室の壁面、ほとんどです。

 

DSCF6159.JPG

ここが、来年のゴールデンウィークのころには

バラいっぱいのトンネルになりますよ♪

 

つるバラの作業は今日から毎週火曜と金曜に行う予定です。

ご興味ある方はぜひご覧になってください。

 

DSCF6162.JPG

ヤブツバキの花数もぽつぽつと増えてきました。

ご来園おまちしております。

2016年12月20日| お知らせ , バラ園 , ボランティア , 色彩館 |コメント(0)|トラックバック(0)

ハーディネスゾーンのこと

今年も残すところあと2週間ほど。寒い日がつづきます。

10センチほどしかなかった岩見沢も、夜中からどかっと降って今朝9時現在で40センチを超えました。

 

今日は、園内に設置していたまめ知識パネルや、当園で販売しているバラ園紹介冊子にも必ず登場する

「ハーディネスゾーン」について、ブログにも書きたいと思います。

 

DSCF6125.JPG

 

ハーディネスゾーンは、アメリカ農務省が採用している耐寒性の指標です。

北米やカナダなど、北海道のように寒さの厳しい地域では、植物が露地で冬越しできるかを

判断する目安としてよく用いられています。

 

華氏5度ごとに区切られた、1~11のZ(Zone:ゾーン)という気温区分を設定していて、

数字が小さいほど寒さに強いです。

DSCF9823.JPG

マーティン フロビシャー Martin Frobisher(HRg) Z2

 

 

ハーディネスゾーンナンバーは、植物にもありますし、地域にもあります。

あえてリンクは貼りませんが、「ハーディネスゾーン 日本」でネット検索していただければ

お住まいの地域のゾーンナンバーがすぐ分かると思います。

 

つまり、お住まいの地域のゾーンナンバーより数字が小さい植物は、寒さに強く露地で越冬できるということです。

DSCF2683.JPG

モーデン ブラッシュ Morden Blush(S)  Z2

 

 

本州でのバラの栽培でいちばん気にするのは耐暑性かと思いますが、

当園では厳しい冬を乗り越えられる耐寒性が大事になります。

もちろん品種選びにもハーディネスゾーンは一役買っています。

20161217111338.JPG

ベラ ローサ Bella Rosa(Fl)  Z4

 

 

ちなみに岩見沢市はZ5ですが

積雪地では雪の保温効果(外気は厳しい氷点下でも、雪の中は0度前後になります)が期待できるため、

Z6やZ7などでも越冬できる品種が多くあります。

豪雪地・岩見沢ならではの特権かもしれません。

DSCF5287.JPG

ハーモニー Harmonie(HT) Z7

 

 

DSCF3331.JPG

当園の樹名板には可能な限りハーディネスゾーンが記載されています。

 

ハーディネスゾーンのことをちょっと知ってるだけで、

「このバラはこんなに寒さに強いのに、こんなにきれい!」

なんて、感動も得られるかもしれません。

 

 

20161217_012742982_iOS.jpg

去年から発売されているこの紹介冊子にも

 

20161217_012658396_iOS.jpg

当園の品種目録と併せてハーディネスゾーンも記載されています。

 

是非ご自宅での栽培の参考にしてみてくださいね。

 

2016年12月17日| お知らせ , バラ園 |コメント(0)|トラックバック(0)

サザンカとツバキ

ここ何日か真冬日が続いていましたが、

いや~今朝はシバレましたね。

 

DSCF0781.JPG

今朝7時の気温、マイナス13度です。

 

DSCF0790.JPG

樹氷がキレイ。

寒いを通り越して手が痛くなって、外での撮影10枚くらいで断念しました(^^;

明日は最高気温がプラスまで上がるみたいです。

急な気温変化、みなさま体調管理にはお気を付けくださいね。

 

 

 

今日はいま見ごろのサザンカと、ツバキの違いについて、ちょこっと触れたいと思います。

20161210_030121390_iOS.jpg

温室前のブラックボードもツバキとサザンカに更新しました。

 

 

DSCF0797.JPG

サザンカ Camellia sasanqua

花は秋の終わりから冬にかけて咲きます。

色彩館では、11月ごろから咲き始めて今が見ごろ。気象条件にもよりますが1月上旬くらいまでは楽しめそうです。

 

DSCF0804.JPG

豪華に花開くサザンカは、花が終わるとひらひらと花びらを落とします。

 

DSCF0811.JPG

葉っぱをよくみるとギザギザで意外とイカツイ??

触ってみると葉の裏にうっすら産毛がはえていますよ。

 

DSCF4244.JPG

ちなみに、実にも産毛がはえてます(^o^)かわいいですね♪

(今年7月下旬ごろ撮影)

 

 

 

DSCF0806.JPG

つづきまして、ツバキ。

色彩館で育てているのは、ヤブツバキ Camellia japonica です。

冬から初春にかけて咲きます。

色彩館では、12月ごろから1月くらいまで楽しめます。

 

おなじCamellia(ツバキ属)ですから、サザンカとは親戚みたいなものですね。

ご存知の方も多いと思いますが、サザンカは散るのに対して、

ツバキは花が終わったら花首ごとポトリ、と落ちます。

(まだ、咲きはじめなので写真はありません^^;)

 

DSCF0807.JPG

葉はサザンカよりも若干まるっこくて、つやっっっつや。

ぽよぽよ産毛のサザンカに対してつるっっつるです。

 

 

園芸品種のサザンカやツバキは見分けづらいかもしれませんが、

色彩館の2種はわりと見分けやすいと思います。

ぜひ実際に確認してみてくださいね。

 

 

ほかにも、温室には

DSCF0833.JPG

ホソバヒイラギナンテン `チャリティー' Mahonia x media cv.Charity

ヒイラギみたいな葉っぱだけど、仲間ではございません。メギ科です。

 

 

DSCF0850.JPG

アマゾンリリー Eucharis grandiflora

南国植物温室に鉢植えで展示中です。

 

DSCF0857.JPG

いつ見ても清楚なかんじ。

いつも蝶の鱗粉のような銀色のしべに見とれてしまいます。

花期が短めなのでお早めに~!

2016年12月12日| バラ園 , 色彩館 , 開花情報 |コメント(0)|トラックバック(0)

前へ 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

Copyright©2017 Iwamizawa-park いわみざわ公園 指定管理者 空知リゾートシティ株式会社. All Rights Reserved.