いわみざわ公園スタッフブログ

日照りに頼れるマルチング

皆さん!こんにちは!

 

毎日暑くて暑くてほんとへばってしまいますね

自分は暑いのがとても苦手なので今年はいつもより動きが鈍いような気がしています。

昨日くらいから涼しくなってきて、やっと作業がしやすくなりました。

 

今年の夏は本当に雨が降らない夏でした。

岩見沢は約一か月間日照りが続いていました。

当園ではバラの花壇にウッドチップでマルチングをしています。

雑草を抑制する効果や、病気を抑える効果もあるマルチングですが、

日照り続きに期待したい効果は、花壇の乾燥を防いだり、地温の上昇を防いだりしてくれるというところですね。

 

とはいっても、一か月の日照りはさすがにきついんじゃないかなとドキドキしておりました。

特にチップの薄いところは乾燥してしまっていたので朝、葉水がかからないように水がにじみ出てくるホースを使ってじんわりと灌水を行いました。

地植えのバラに灌水したのは4年バラ園にいて初めてでしたね。

 

そんな中、8月4日13時半ごろ!待望の雨が降りました!

降ってきたときは小躍りしたくなるくらい嬉しかったです!

ですがこの雨もそんなに長続きせず、割とすぐに降り止んでしまいましたね。

 

ただし、少しの雨も無駄にはしません!

 

降った雨で湿った地面がすぐに乾いたり、暑さで熱湯になって悪さをしないためにチップが薄いところに補充していきました。

 

チップが薄い花壇と厚い花壇の比較をしていきたいと思います。

写真は8月4日まではどちらもチップが薄くて、その後マルチング出来たところと出来ていないところの比較です。

撮影日は4日後の8月8日になります。

 

まずは薄い花壇、

DSC_1715.JPG

土が白くなって見た目にも乾いているのがわかると思います。

少し掘ると、、、

DSC_1716.JPG

2、3cm下のところから少し湿り気が出てきました。

 

チップが厚い花壇は

DSC_1712.JPG

チップをとると下から黒くて湿っている土が出てきました。

DSC_1717.JPG

少し掘ってみても変わらず湿った土になります。

 

このように、マルチングの有無でかなり保水性に影響が出ることがわかりますね。

日照り続きの年ではかなり役に立つマルチングです。

 

ウッドチップは湿気が多いと逆にカビが発生する原因にもなってしまうので梅雨がない北海道ならではの管理かと思います。

 

昨日の夕方くらいから今日の夕方まで雨が降る予報なのでちょっと一安心しながらこのブログを書いています!

いっぱい降ってくれー!

 

冬は大雪で振り回され、夏は日照りと真夏日でへとへとに、

北海道が段々と住みにくくなってきた気がしますね!

それでも北海道大好きですけどね!

 

この暑さは今年だけのものでありますよーに

 

Sone

 

2021年8月10日| バラ園 , 開花情報 |コメント(0)|トラックバック(0)

<< 8月の市民園芸講座のお知らせ&緑の相談コーナーだよりスタッフブログ日照りに頼れるマルチング >>

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.iwamizawa-park.com/system/mt/mt-tb.cgi/2482

Copyright©2021 Iwamizawa-park いわみざわ公園 指定管理者 空知リゾートシティ株式会社. All Rights Reserved.